Eclipseを使って簡単にGUI開発できるプラグイン

こんばんは!管理人です。

今回は、EclipseでJAVA GUIアプリを開発する上で便利なプラグインを紹介したいと思います。

使用環境

・Windows10-64bit

・Eclipse Oxygen

Swing Designer 導入

Eclipseを起動します。

ヘルプ → 新規ソフトウェアのインストール を開きます

 

作業対象の欄 から”Oxygen – http://download.eclipse.org/releases/oxygen”を選びます。

※無い場合は追加から追加してください。

選択すると上のようなリストが表示されるので…

一般ツール → Swingデザイナー を選択し次へを押します。

※後は指示に従ってしばらく待ちましょう!

再起動の指示が出たらEclipseを再起動します。

SwingDesignerを使ってみる

Eclipseを起動し適当なプロジェクトを作成します。

新規 → その他 → WindowBuilder → Swingデザイナーと開いていきます。

アプリケーション・ウィンドウを選択し次へ。名前を入力して完了

作成が完了したらデザイナー画面が出るので、後は好きなように部品などを貼り付けていくだけで見た目はできる。

また、いつかの記事でEclipseを使ったアプリを紹介したいと思いますので気長に待っててください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: